失業したときにできること

MENU

解雇記事一覧

労働基準法における解雇については、大きく分けると三種類あります。労働基準法十八条のニで定められている「普通解雇」、重大な服務規程違反に対する懲罰的な「懲戒解雇」、リストラとも呼ばれる「整理解雇」です。いずれも雇用者が労働者を解雇する時には、正当な理由が必要になります。解雇理由が正当なものではなかったり、解雇手続きがきちんと行われていない場合は、解雇を無効にできる可能性があるでしょう。労働基準法は、...

会社都合退職と解雇の違いは、非常にあいまいです。懲戒解雇などを除いては、会社都合退職も解雇も、労働者側に非がなく、労働契約の解消の原因が会社側にあるケースがほとんどでしょう。例えば、業績不振による人員整理や倒産などです。ただ、解雇というよりも会社都合退職という方がお互いにとって言葉の響きが軽くなるので、慣例用語として「会社都合退職」という言葉が使われています。ちなみに、強引な退職勧告やいじめ、セク...

解雇理由で多いものとしては、「遅刻や早退が多い」、「業務命令を拒否した」、「うつ病などの病気」、「会社に合っていない」、「能力が低い」などがあります。でも、雇用者が労働者を解雇するためには、「客観的で合理的な理由」と「その理由が就業規則に書かれている」ことが必要です。そして、一般に考えられているよりも、正当だと認められる解雇理由のハードルは高くなっています。先ほど例にあげた解雇理由で多いものも、認...

解雇通知書とは、雇用者が労働者に解雇することを通知する書類のことです。解雇する30日以上前に通知する必要があり、郵送の場合は、「配達証明付内容証明郵便」で送るのが適切だと思われます。解雇通知書とは、それほど重要な書類なのです。解雇通知書には、解雇される日付、解雇理由などが記載されます。解雇理由が就業規則に記載されていなければ、不当な解雇となるでしょう。解雇通知書を受け取ったからといって、解雇を承諾...

解雇予告手当とは、30日以上前に解雇予告がされずに解雇された場合に支払われる手当のことです。解雇予告手当は、労働基準法第二十条に定められている労働者の権利で、雇用期間を定められていないアルバイトやパートにも適用されます。労働基準法で定められた解雇手当の金額は、解雇される直前の三ヶ月に支払われた賃金の総額を三か月分の暦日で割った平均賃金30日分以上です。賃金の総額には、通勤手当や時間外手当などの各種...

パートの解雇の実例としては、・ファーストフード店で「店舗の改装」を理由に解雇・造園店でほとんど仕事を教えてもらえず、いきなり解雇・正社員からパートになった後、業務がこなせないほど増えて、残業を拒んだら解雇・賃金未払いを労働基準監督署に内部告発したことを理由に解雇などがあげられます。ファーストフード店などでは、パートやアルバイトが長期間働いて熟練してくると、時給が上がって人件費がかさんでしまうので、...

懲戒解雇された時の対処については、まず、その懲戒解雇が正当なものかを確認してみるといいでしょう。懲戒解雇は、懲戒処分としては、最も重いもので、通常であれば、退職金も支払われません。会社が懲戒解雇をするためには、会社の就業規則に懲戒規定が記載されている必要があります。その会社の就業規定に定められていない理由での懲戒解雇処分は、懲戒権の乱用になるのです。もちろん、就業規定に定められていない理由での懲戒...