失業したときにできること

MENU

失業記事一覧

失業手当の金額を計算するには、まず、在職中の給料の平均額を算出します。計算式は、賃金日額=ボーナスを除いた退職前6ヶ月の給料の総額(残業代や通勤手当なども含む)÷180(30日×6ヶ月)の約50〜80%の金額になります。離職時の年齢や賃金日額の金額によって給付率は変わり、賃金日額の金額が低いほど、給付率は高くなるのです。失業保険の給付期間は、原則として離職した日の翌日から一年間とされています。その...

失業後に必要な手続きとしては、・健康保険に関する手続き・年金に関する手続き・税金に関する手続き・失業保険に関する手続きがあります。健康保険に関する手続きは、体調を崩した時や不慮の事故に遭った時のために早めに行う必要があります。医療保険への加入は強制なので、保険料がもったいないから加入しないというわけにはいきません。被保険者期間が二ヶ月以上あれば、退職後二年間は会社の健康保険が使用できる「任意継続被...

失業認定申告書は、求職しているとハローワークにアピールするために提出を義務付けられる書類です。離職し、ハローワークで求職の申込みと離職票を提出すると、受給説明会の日時を知らされます。受給説明会に行くと、雇用保険制度の説明の後、雇用保険受給資格者証と失業認定申告書、第一回目の失業認定日を教えられるのです。原則として、四週間に一度、失業認定(失業状態にあることの確認)を行います。ハローワークがいうとこ...

失業する前にやっておくこととして、クレジットカードの申込みや見直しがあげられます。失業していると、なかなかクレジットカードが作れません。失業する前なら簡単に審査に通っても、失業中、または、アルバイトやパートの身分では作れないカードも多いのです。特に、シティーバンク系のクレジットカードは審査が厳しいので、失業前に作っておきましょう。年会費がかからなくて、使ったらポイントが貯まるなどのメリットが高いも...