失業時に必要な手続き

MENU

失業時に必要な手続き

失業後に必要な手続きとしては、

 

・健康保険に関する手続き
・年金に関する手続き
・税金に関する手続き
・失業保険に関する手続き

 

があります。
健康保険に関する手続きは、体調を崩した時や不慮の事故に遭った時のために早めに行う必要があります。
医療保険への加入は強制なので、保険料がもったいないから加入しないというわけにはいきません。
被保険者期間が二ヶ月以上あれば、退職後二年間は会社の健康保険が使用できる「任意継続被保険者制度」を使うこともできます。
ただし、退職した日の翌日から二十日以内に手続きすることと、保険料を自分で全額支払う必要がありますから、判断は慎重かつ迅速に行ってください。
任意継続すると、医療費の自己負担が在職時のままで済んだり、会社の保養所を利用できるなどのメリットがあります。
任意継続しない場合は、国民健康保険に加入しましょう。
医療費の自己負担は三割で、支払う保険料は前年の収入や住んでいる自治体によって異なります。
国民健康保険への加入手続きは、居住地の行政センターに印鑑、離職票などの退職証明書、身分証明書を持っていってください。
次に、年金に関する手続きです。
失業すると大抵は厚生年金保険から国民年金保険に変更する手続きを自分から窓口に出向いて行わなければいけません。
奥さんがいれば、奥さんの分の手続きも必要です。
税金に関する手続きについては、確定申告をしっかり行って、納めすぎた税金を返してもらいましょう。
ある日突然、住民税の請求が来ることも覚えておいてください。

関連ページ

失業手当
失業してしまったら、ショックで落ち込んでしまうかもしれません。ですか、この時をチャンスと思い、新しいことに挑戦するのもアリかもしれません。解雇されてからやっておくべきことについて解説しています。
失業認定申告書
失業してしまったら、ショックで落ち込んでしまうかもしれません。ですか、この時をチャンスと思い、新しいことに挑戦するのもアリかもしれません。解雇されてからやっておくべきことについて解説しています。
失業する前にやっておく事
失業してしまったら、ショックで落ち込んでしまうかもしれません。ですか、この時をチャンスと思い、新しいことに挑戦するのもアリかもしれません。解雇されてからやっておくべきことについて解説しています。